セールスフォースの歴史

公開: 2022-10-07

Salesforce の頭は雲の中にあるなどと誰にも言わせないでください。 クラウドベースのソフトウェアかもしれません。 しかし、彼らの (非常に) 謙虚な始まりのおかげで、会社は今でもかなり堅実です。

80 年代の漫画のスーパーヒーロー チームのように聞こえますが、このソフトウェア会社はクラウド コンピューティングと SaaS のスイート スポットに到達し、それらを成功へと導きました。 サンフランシスコの Salesforce Tower を本拠とし、2021 年だけで212 億 5000 万ドルの高さに達しました。

しかし、私たちは皆どこかから始めます。 それでは、寝室ベースのビジネスから世界的な成功までの Salesforce の旅を見てみましょう。 1999年の遠い時代からスタート。

1999年

Salesforce は、1999 年に Oracle のセールス エグゼクティブである Marc Benioff によって設立されました。

マークがオラクルを辞めたとき、彼が投資した新興企業から、パーカー・ハリス、デイブ・モレンホフ、フランク・ドミンゲスの 3 人のコンサルタントを採用しました。 グループには共通のビジョンと豊富な技術力があります。

その年の 3 月、ギャングは Salesforce の CRM の最初のバージョンに取り組み始めました。 彼らの作品は、サンフランシスコのテレグラフ ヒルにある 1 ベッドのアパートに基づいています。 この記事でダライ・ラマの写真を見るのはこれが最後ではありません。

写真1-1

彼らは協力して、Salesforce の CRM の最初のバージョンを作成しました。

プロトタイプを構築すると同時に、Salesforce とは異なるもの、つまり文化も構築しています。 彼らは、重要かつ必要であると信じていることに「毛羽立たず」に取り組みます。

写真2-3

1999 年 12 月、Salesforce Foundation が設立されました。 統合された慈善活動の 1-1-1 モデル (製品の 1%、時間の 1%、リソースの 1%) は今日も続いています。

最初の 1 年の終わりまでに、会社は 40 人の従業員に拡大し、リンコン センターに 8,000 平方フィートのオフィスを構えました。

写真3-1

2000年

2000 年、Salesforce は CRM の強力で大胆なマーケティング キャンペーンを開始しました。 それはSiebelの抗議とともに始まりました。 20002 月 22 日にサンフランシスコで開催された Siebel User Conference で、抗議者たちは「ソフトウェアの終わり」を要求し、報道チームはこの騒動を急いで報告しました。

問題は、マークがすべての背後にいたということです。 抗議者、ニュース チーム、集会の叫び声はすべて、彼らの「反ソフトウェア」メッセージの一環としてのマーケティングのスタントの一部でした。 これはすべて、「ソフトウェアの終わり」パーティーで最高潮に達しました。 当時のウェブサイトのメッセージをチェックしてください。

写真4

2003年

2003 年は、Salesforce の年次カンファレンスである Dreamforce が最初に開催された年でした。 このイベントには 1,000 人を超える人々が参加し、ご想像のとおり、サンフランシスコのウェスティン ホテルで開催されました。

現在、Dreamforce はサンフランシスコの主要なイベントとなり、ハワード ストリート全体が数日間閉鎖されています。 パートナーは、Dreamforce サバイバル ガイドも公開しています。 マルチメディア体験について話します。

もう 1 つのマーケティング手法: Salesforce は、ダライ ラマをフィーチャーした 100,000 人のユーザーを祝うための招待状をリリースすることで、エッジの効いた物議を醸す戦術を続けました。

彼らが開発していたアナキスト スタイルのコミュニティを促進するのに役立ちましたが、外部からの激しい批判に直面しました。 その後、マークは謝罪した。

写真5-1

2004年

同社は 2004 年 6 月にニューヨーク証券取引所で新規株式公開を行いました。株式記号 CRM の下で、彼らはなんと 1 億 1,000 万ドルを調達しました。

初期の投資家には、Larry Ellison、Magdalena Yesil、Halsey Minor、 Stewart Henderson、Mark Iscaro、Geneva Venture Partners の創設メンバーである Igor Sill が含まれます。

今年、8,000 人の開発者と 150 の独立系ソフトウェア ベンダーが、Salesforce を使用してアプリケーションを作成し始めました。 この成功により、同社は世界中に 12 のオフィスを持つようになりました。

2005年

2005 年に、Salesforce の AppExchange が開始されました。これにより、サードパーティの開発者はアプリを開発し、Salesforce の顧客に提供することができます。

年末の時点で、顧客ベースは世界中で 20,500 人、ユニーク ユーザー数は 400,000 人でした。

2006年

2006 年、Salesforce はモバイルに移行しました。 これは、ワイヤレス技術の新興企業である Sendia と AppExchange Mobile の買収から始まりました。

AppExchange の成功は続き、エコシステムは 250 のソフトウェア ベンダーから 575 のアプリを含むマーケットプレイスに成長しています。

これらすべてに加えて、パーカー・ハリスは Visualforce と呼ばれるテクノロジーを開発しました。 この技術により、ユーザーは好きなユーザー インターフェイスを作成でき、フォーム、ボタン、リンクを作成し、いつでもどこでも埋め込むことができます。 これにより、Salesforce SaaS プラットフォームである Platform-as-a-Service への道が開かれました。

2009年

これは、Salesforce が 10 億ドルの収益を達成した年でした。 そして年末までに、同社は 55,000 を超える顧客にリーチしました。

2009 年の Dreamforce で Chatter が発表されました。Chatter の機能は、季節ごとのリリースで引き続き使用またはアップグレードされています。

2011年

2 年でその数字は 2 倍になり、2011 年 7 月には Salesforce の顧客数が 100,000 に達しました。 フォーブスは、2011 年に Salesforce を「世界で最も革新的な企業」と名付けました。

Salesforce は、クラウドソースのデータ会社である Jigsaw も Data.com に転用しました。 これは、Salesforce が SaaS 業界でのリーチを拡大し、成長に合わせて新たに更新された収益センターを追加するという、Salesforce の目的と能力を示す動きでした。

写真6

2012年

2012 年、Salesforce は Assistly を Desk.com として転用し、ソーシャル カスタマー サービス ツールをそのベルトに追加しました。 実際、Salesforce はこのスタートアップに以前から投資を行っており、最終的に 2011 年に 8,000 万ドルで買収しました。 この動きは、Salesforce がソーシャル ヘルプ デスクを持つことを意味し、会社の CRM からデータを引き出し、より統合されたエクスペリエンスを顧客に提供することができました。

2012 年、Gartner は Salesforce を世界一の CRM としてランク付けしました。 さらに、今年の Dreamforce には 90,000 人を超える登録者がおり、Salesforce Marketing Cloud が基調講演で発表されました。

2012 年には、別の賞を受賞しました。Forbes は、2 年連続で世界で最も革新的な企業として Salesforce を指名しました。

2013年

2013 年、Salesforce はこれまでで最大の買収を完了しました。 Exact Target の買収により、同社は顧客に Marketing Cloud の機能を拡張する機能を提供できるようになりました。

さらに、Salesforce1 プラットフォームが開始され、顧客はモバイルからビジネスを管理できるようになりました。

2011 年から 2013 年にかけて、Salesforce は買収に次ぐ買収を行いました。 彼らは、 Jigsaw、Assistly、Radian6 を買収し、それぞれ Data.com、Desk.com、Social.com として転用しました。

2014年

今年、Salesforce は学習プラットフォーム Trailhead を立ち上げました。これは、 「教育レベルに関係なく、誰もが最高の技術職に必要なスキルを開発できるようにする」と説明されています。

Trailhead で Salesforce のキャリアを後押し |ピエール=アレクサンドル ジュリアン他 | 2011/12/20 eFrontForce |中くらい

今年は 150 万人の開発者が登録し、年間収益は 50 億ドルに達しました。これは、他のどのエンタープライズ ソフトウェア企業よりも早く達成されたマイルストーンです。

4 月に、Salesforce はNew Industries Strategy を発表しました。 これは同社にとって初の垂直市場への大規模な進出であり、6 つの個別のグローバル産業が含まれていました。

プレスリリースでは、 「Salesforce.com により、支払者、プロバイダー、およびライフ サイエンス企業は、どこにいても患者やプロバイダーとつながり、患者の経験、成果、およびコストを改善できます。」

2015年

2015 年の Dreamforce では多くの発表がありましたが、最も重要なものは Salesforce Lightning Experience の発表です。 Trailhead もカンファレンスで発表され、「Salesforce を学ぶための新しい方法」と表現されました。

2016年

2016 年は、Salesforce の歴史の中で最も多くの買収が行われた年でした。

これらの動きには、 CPQ ツールの SteelBrick の購入が含まれていました。 また、それまでの最大の購入価格である DemandWare の 28 億 6000 万ドルも含まれていました。

Health Cloud は今年発表され、プレス リリースではこの動きについて次のように説明されています。

「Salesforce は、パートナー、システム インテグレーター (SI)、独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) の包括的なエコシステムを活用して、Health Cloud を拡張および実装しています。」

2017年

2017年、同社の急速な成長は続きました。 10 月、Salesforce は B2B マーケター向けの Facebook アナリティクス ツールをリリースしました。

また、CRM 向けの初の包括的な人工知能技術である Einstein も立ち上げました。これは、企業やビジネス ユーザーが AI 技術に広くアクセスできるようになったことを意味します。

MySalesforce も発表され、ユーザーはポイント アンド クリック ツールを使用してカスタマイズされたモバイル アプリを構築および展開できるようになりました。

年末までに、Salesforce は 83 億ドルの企業に成長し、Forbes によって世界で最も革新的な企業として再び指名されました。

2018年

2018 年には、Mulesoft が導入され、古い信頼できるサンフランシスコに Salesforce タワーがグランド オープンしました。

同社はまた、クリックベースのユーザー インターフェイスを介してクラウド全体で顧客データを管理する新しいプラットフォーム サービスである Salesforce Customer 360 を発表しました。

9 月、Salesforce はビジネス向けアプリを改善するために Apple と提携しました。

ティム・クックが Salesforce カンファレンスで Apple の価値観、スティーブ・ジョブズなどについて語る | AppleInsider

2019年

2019 年の Salesforce のもう 1 つの買収: 同社は Tableau を買収し、CRM と分析プラットフォームを組み合わせて顧客のデジタル変革を強化しました。

2020年

うん、別の買収。 そして、それは大きなものです。

しかし、その直前の 2 月に、共同最高経営責任者のキース ブロックが辞職しました。 マークは引き続き会長兼 CEO を務めました。

6 月 1 日、Salesforce は Vlocity を買収する契約に署名し、新しい職場の課題に対応するソリューションである Work.com を発表しました。 これには、COVID パンデミックへの対応として、接触追跡、緊急管理、従業員の福利厚生評価、シフト管理などの機能が含まれていました。

そして、大移動。 Salesforce はこれまでで最大の買収を行いました。職場チャット アプリ Slack を 277 億ドルで買収しました。

2021年

2021 年 2 月、Salesforce は Mark Hakins の CFO 職からの引退を発表しました。 エイミー・ウィーバーが彼の後任として選ばれました。

ダボス アジェンダで、Salesforce はグローバル リーダーと共に、利害関係者の資本主義イニシアチブを呼びかけ、企業や政府に参加を呼びかけました。

さらに、同社は、安全で公平な職場復帰計画に関するガイドラインを含む、雇用主向けの COVID-19 の倫理的考慮事項を公開しました。 また、Digital 360 for Industries と新しい Digital 360 イニシアチブも紹介しました。

さらに、 Salesforce は FedEx とのパートナーシップを発表し、配送と e コマースに注力しました。 Salesforce+ も昨年導入されました。これは、さまざまな役割、業界、およびビジネス向けのライブおよびオンデマンド コンテンツを提供するストリーミング サービスです。

これらすべてにより、Salesforce はフォーチュン 500 リストで 50 以上の順位を上げました。

未来?

Salesforce は SaaS の大物です。 しかし、それは彼らがより高く飛ぶなどのケースになるのでしょうか?

同社は、適応、変更、採用する意欲を示しており、SaaSエコシステムに非常に広く広がっていますが、まだ拡張する余地が十分にあります. 新しい問題、つまり技術が登場すると、Salesforce はその可能性に最初に気づきます。 しかし、彼らは戦術的な買収を利用して、既存のオーディエンスに既存のテクノロジーを取り入れて改善し、独自の魅力的なコミュニティにソリューションを提供しています。

問題は、イノベーションと投資のおかげで、他の企業が顧客ベースに対してより安価なソリューションを提供する可能性があるということです. しかし、今後 14 年間でさえ、Salesforce は強力であり続けるでしょう。