サイトの速度が SEO と Google のランキングに与える影響

公開: 2022-09-11

Web サイトの速度が遅いことは、SEO と Google のランキングに影響を与える最も一般的な問題の 1 つです。

Google のランキングは、サイトの速度など、さまざまな要因によって決まります。 実際、サイトの速度は現在、モバイル検索のランキング要素になっています。

これは、ウェブサイトの速度が遅いと、Google の検索結果で期待するほど上位にランク付けされない可能性があることを意味します. 遅い Web サイトは、SEO の取り組みや全体的なトラフィック レベルにも影響を与える可能性があります。

このブログ投稿では、サイトの速度が SEO と Google のランキングにどのように影響するかについて説明します。 また、ウェブサイトの速度を改善する方法に関するヒントも提供します。 始めましょう!

目次

サイトの速度とは? SEO と Google のランキングにとって重要な理由

サイトの速度は、ページの読み込みにかかる時間です。 遅いサイトは訪問者を苛立たせ、ビジネスに損害を与える可能性があります。

画像のサイズ、ホスティングの品質、Web サイトのコードなど、サイトの速度に影響を与える要因は多数あります。

画像を最適化し、優れた Web ホストを使用し、コードをクリーンアップすることで、サイトの速度を向上させることができます。

サイトの読み込みが遅いと、さまざまな形でビジネスに悪影響を及ぼす可能性があります。 最も明白なことは、見込み顧客がページの読み込みに時間がかかりすぎると、クリックして離れてしまう可能性が高いことです。 これにより、直帰率が増加し、SEO とコンバージョン率の両方に悪影響を及ぼします。

さらに、Google は検索ランキングを決定する際にサイトの速度を考慮するため、サイトの速度が遅いと貴重なオーガニック トラフィックが失われる可能性があります。 幸いなことに、サイトの速度を改善するためにできることはたくさんあります。

サイトの速度は、いくつかの理由で重要です。

1. 遅いサイトはビジネスに損害を与える可能性があります –

潜在的な顧客があなたのサイトにアクセスし、読み込みに時間がかかりすぎると、不満を感じて代わりに競合他社のサイトに移動する可能性があります.

2. 検索エンジンのランキングに影響を与える可能性があります –

Google やその他の検索エンジンは、検索結果で Web サイトをランク付けする際に、サイトの速度を考慮します。 そのため、サイトの速度が遅いと、貴重なトラフィックを逃している可能性があります.

3. 遅いサイトは直帰率を高める可能性があります –

直帰率とは、訪問者が 1 ページだけ閲覧した後に Web サイトを離れた割合です。 直帰率が高いとビジネスに悪影響を及ぼします。これは、人々があなたの会社についてもっと知りたがらないことを意味するからです。

サイトの速度を向上させる方法はたくさんあります。 画像の最適化やコードの改善など、技術的なものもあります。 その他は、優れた Web ホストを使用したり、サイトが適切に設計されていることを確認したりするなど、技術的ではありません。

開始するのに役立ついくつかのヒントを次に示します。

1. 優れた Web ホストを使用する –

優れた Web ホストには、高速で信頼性の高いサーバーがあります。 また、サイトの高速化に役立つキャッシュやコンテンツ配信ネットワーク (CDN) などの機能も提供します。

2. 画像を最適化する –

画像が大きいと、サイトの速度が低下する可能性があります。 画像を小さく保ち、Photoshop などのツールを使用して Web 用に最適化してください。

3. コードをクリーンアップする

コードが多すぎると、サイトが遅くなる可能性があります。 不要なコードを削除し、コードがよく整理されてクリーンであることを確認します。

4. コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用する –

CDN は、場所に基づいて訪問者にコンテンツを配信するサーバーのネットワークです。 CDN を使用すると、特に世界中からの訪問者がいる場合に、サイトの高速化に役立ちます。

5. サイトが適切に設計されていることを確認してください –

適切に設計されたサイトは、ナビゲートしやすく、すばやく読み込まれます。 グラフィックや Flash アニメーションを多用すると、サイトの速度が低下する可能性があります。

サイトの速度を改善するのは難しいことですが、努力する価値はあります。 高速なサイトは、訪問者のエクスペリエンスを向上させ、検索結果で上位にランク付けし、直帰率を下げるのに役立ちます. そのため、時間をかけてサイトを最適化すると、トラフィックの増加とビジネスの改善という形で見返りが得られます. ただし、技術的なことの専門家でない場合は、自分でやらないでください。マイナスの結果になる可能性があります。 このサービスは、巨大なマーケティング担当者のようなバングラデシュの SEO 企業から入手できます。

サイトの速度を測定する方法は?

サイトの速度を維持して、訪問者に優れたエクスペリエンスを提供することが重要です。 サイトの速度を測定するには、次の方法があります。

1. Google PageSpeed Insights を使用する –

このツールはサイトを分析し、速度を改善する方法を提案します。

2. Pingdom でサイトをテストする –

このツールは、サイトの読み込み方法と、速度に影響を与えている要因を示します。

3. WebPagetest を使用する –

このツールは、サイトの速度とパフォーマンスに関する詳細なレポートを提供します。

4. サーバーの応答時間を確認してください –

これは、サーバーが訪問者からのリクエストに応答するのにかかる時間です。 GTmetrix や YSlow などのツールを使用して、サーバーの応答時間を確認できます。

5. コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用する –

CDN は、コンテンツをキャッシュし、訪問者に近いサーバーから訪問者に配信することで、サイトの速度を向上させるのに役立ちます。

6. 画像を最適化する –

画像は、サイトの速度に影響を与える最大の要因の 1 つです。 ファイル サイズを縮小し、正しいファイル形式 (JPEG、PNG、または GIF) を使用して、Web 用に画像を最適化してください。

7. コードを最小限に抑える –

CSS と JavaScript ファイルを縮小して、ページのコード量を減らします。 CSSNano や UglifyJS などのツールを使用して、コードを縮小できます。

8. キャッシュ プラグインを使用する –

キャッシュは、ページや投稿の静的コピーを保存することでサイトの速度を向上させ、訪問者により迅速に提供できるようにするのに役立ちます。 WP Super Cache と W3 Total Cache は、WordPress で人気のある 2 つのキャッシュ プラグインです。

9. プラグインを使いすぎないようにする –

プラグインはサイトの速度を低下させる可能性があるため、本当に必要なものだけを使用してください。 プラグインが原因でサイトの速度が低下している場合は、プラグインを無効にするか、別のプラグインを見つけることを検討してください。

10. より高速なホスティング プランにアップグレードする –

共有ホスティング プランを利用している場合は、VPS または専用サーバーへのアップグレードを検討してください。 これにより、より多くのリソースが提供され、サイトの速度が向上します。

これらのヒントに従うことで、サイトの速度が向上し、訪問者により良いエクスペリエンスを提供できるようになります.

サイトの速度を改善するにはどうすればよいですか?

  • 圧縮を有効にする
  • コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用する
  • HTTP リクエストを最小限に抑える
  • 画像を最適化する
  • ページのコード量を減らす
  • CSS を上に、JS を下に配置します。
  • リダイレクトを避ける
  • プラグインの使用を最小限に抑える
  • ブラウザのキャッシュを利用する
  • より高速なホスティング プロバイダーを使用する
  • データベースを最適化する
  • サイトを清潔に保ち、整理整頓する
  • コンテンツ管理システム (CMS) を使用する
  • 静的サイト ジェネレーター (SSG) の使用を検討する
  • gzip 圧縮を有効にする

gzip でファイルを圧縮すると、HTML、CSS、および JavaScript ファイルのサイズを最大 70% 削減できます。 これにより、ページの読み込みにかかる時間を大幅に短縮できます。 gzip 圧縮を有効にするには、.htaccess ファイルにコードを追加する必要があります。

ブラウザー キャッシュを使用すると、訪問者のコンピューターに特定のファイルを保存できるため、ページを読み込むたびにファイルをダウンロードする必要がなくなります。 これにより、特にサイトに頻繁に戻る訪問者の場合、ページの読み込み時間を短縮できます。

コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用すると、サイトの速度を向上させることができます。 CDN は、Web サイトのファイルのコピーを世界中のサーバーに保存し、場所に基づいて訪問者に配信します。 これにより、訪問者は自分に近いサーバーからファイルをダウンロードできるため、ページの読み込みにかかる時間を短縮できます。

ページのコード量を減らすと、サイトの速度を向上させることができます。 これは、HTML、CSS、および JavaScript ファイルを縮小することで実行できます。 縮小により、空白、コメント、改行などの不要な文字がすべてコードから削除されます。 これにより、ファイルのサイズが小さくなり、ダウンロードしやすくなります。

画像は、多くの場合、Web サイトで最大のファイルになる可能性があります。 それらを最適化すると、ファイル サイズを縮小し、サイトの速度を向上させることができます。 画像を最適化するには、コメントや EXIF データなどの不要なデータを削除する必要があります。 画像を圧縮して、ファイル サイズをさらに小さくすることもできます。

CSS をページの上部に配置し、JavaScript をページの下部に配置することが重要です。 これは、CSS を使用してページのスタイルを設定し、JavaScript を使用してページを変更できるためです。 CSS を上部に配置すると、ページがインタラクティブになる前にスタイルが設定され、サイトの速度が向上します。

リダイレクトを回避すると、サイトの速度も向上します。 リダイレクトは、移動された、または存在しなくなったページに訪問者がアクセスしようとしたときに使用されます。 リダイレクトが使用される場合、訪問者はサーバーがページの新しい場所で応答するまで待つ必要があります。 これにより、ページの読み込み時間に不要な時間が追加される可能性があります。

HTTP リクエストを最小限に抑えると、サイトの速度を向上させることができます。 訪問者がサーバーからファイルを読み込もうとするたびに、HTTP 要求が行われます。 これには、画像、CSS、JavaScript などのファイルが含まれます。HTTP リクエストの数を減らすと、ページの読み込みにかかる時間を短縮できます。

コンテンツ管理システム (CMS) を使用して、Web サイトの速度を向上させることができます。 CMS は、Web サイトのファイルとコードを整理するのに役立ちます。これにより、訪問者が探しているものを見つけやすくなります。 さらに、CMS は Web サイトのコンテンツを管理するのに役立ち、サイトを最新の状態に保つことが容易になります。

SEO と Google ランキングに対するサイト速度の影響

サイト速度がSEOに与える影響

サイトの速度が Google のランキング要因であることは周知の事実です。 実際、Google がサイトを検索結果のどこにランク付けするかを決定するために使用する多くのシグナルの 1 つです。

しかし、サイトの速度とは正確には何ですか? そして、それはあなたのSEOにどのように影響しますか?

簡単に言えば、サイトの速度は、Web サイトの読み込み速度の尺度です。 これには、ウェブサイトのコンテンツや、画像、CSS、JavaScript などの外部リソースの読み込みにかかる時間が含まれます。

Google は、ユーザーに可能な限り最高のエクスペリエンスを提供したいため、サイトの速度をランキング要素として使用しています。 結局のところ、遅い Web サイトが読み込まれるのを待ちたいと思う人はいません。

そのため、ウェブサイトを Google で上位にランク付けしたい場合は、そのウェブサイトが高速であることを確認する必要があります。

サイトの速度を改善するには、いくつかの方法があります。 1 つは、画像を最適化することです。 これは、それらを正しいファイル形式で保存し、サイズを小さくして読み込みを高速化することを意味します。

CSS および JavaScript ファイルを縮小することもできます。 これは、空白、コメント、使用されていないコードなどの不要な文字を削除することを意味します。

最後に、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用できます。 CDN は、ユーザーの場所に基づいて Web サイトのコンテンツをユーザーに配信するサーバーのグループです。 これは、ユーザーが世界中のサーバーからコンテンツをダウンロードする必要がないことを意味するため、サイトの速度を向上させるのに役立ちます.

サイトの速度を改善するには、少し技術的な作業が必要になる場合があります。 しかし、SEO と Google ランキングの向上に役立つため、それだけの価値はあります。 したがって、Google で上位にランク付けしたい場合は、ウェブサイトが高速であることを確認してください。

サイトの速度の測定と改善に役立つツール

サイトの速度を測定および改善するのに役立つツールが多数あります。

Google の PageSpeed Insights は、そのようなツールの 1 つです。 サイトのパフォーマンスに関するレポートと、改善方法の提案を提供します。

もう 1 つの便利なツールは GTmetrix です。 このツールは、ページの読み込み時間を測定して分析し、改善方法に関する推奨事項を提供します。

WebPageTest は、ページの読み込み時間を測定するために使用できるもう 1 つのツールです。 また、世界中のさまざまな場所からサイトをテストできるため、さまざまなユーザーに対してサイトがどのように機能するかを確認できます.

最後に、Pingdom の Website Speed Test は、サイトのパフォーマンスを測定するためのシンプルですが効果的なツールです。 サイトのグレードと、速度を改善するためのヒントを提供します。

これらのツールはすべて、サイトの速度を測定して改善するのに役立ちます。 それぞれを試してみて、どれが最適かを確認してください。

ウェブサイトの画像を最適化するためのベスト プラクティスとは?

画像を最適化するためのベスト プラクティス

  • ウェブサイトにアップロードする前に、画像のサイズを変更してください。
  • Photoshop や GIMP などのツールを使用して、画像を Web 用に最適化します。
  • 画像を正しいファイル形式で保存します。 JPEG は写真に最適で、PNG はグラフィックやイラストに最適です。
  • コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用して画像を提供します。
  • 画像キャッシュ プラグインを使用して、読み込み時間を高速化します。
  • Web サイトの全体的なパフォーマンスを最適化して、画像の読み込み時間を改善します。
  • 画像がウェブサイトのコンテンツに関連していることを確認してください。
  • アクセシビリティの目的で画像を説明するには、Alt タグを使用します。
  • 可能な限りストックフォトの使用は避けてください。
  • 画像のファイルサイズに注意してください。 ファイルが大きいほど、読み込みに時間がかかります。

結論

サイトの速度は、SEO と Google のランキングにとって重要な要素です。 Google は、サイトの速度がページのランク付けに使用されるシグナルの 1 つであることを確認しています。

ウェブサイトの速度が遅いと、ユーザーがサイトを離れてしまう可能性があり、SEO や Google のランキングに悪影響を及ぼします。 画像の最適化、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) の使用、HTTP リクエストの削減など、Web サイトの速度を向上させる方法は多数あります。

ページの読み込み時間が速い Web サイトでは、直帰率が低くなり、訪問者のエンゲージメント レベルが高くなり、平均滞在時間が長くなります。 これらの要因はすべて、SEO と Google のランキングの向上に貢献します。

画像はウェブサイトの重要な部分です。 それらは、テキストを分割し、視覚的な興味を追加し、サイトをより視覚的に魅力的にするのに役立ちます. ただし、適切に最適化されていないと、サイトの速度が低下する可能性もあります。