クラウド中心のワークプレイスに不可欠な生産性ハック

公開: 2022-10-04

クラウド技術の市場は著しく成長しています。 ある調査によると、クラウド サービスへの支出は 2017 年から 2020 年の間に 300 億ドルから 600 億ドルに倍増しました。

クラウド テクノロジーは、現代の職場の様相を変えています。 生産性を高め、顧客サービス戦略を改善し、研究開発プロセスを合理化するために、これまで以上に多くの企業がクラウドを活用しています。

Flexera のレポートによると、2020 年の時点で、全企業の 57% が業務をクラウドに移行しています。パンデミックは、このクラウド テクノロジーの採用に大きな変化をもたらしました。 より多くの企業が利点を発見し、競争力を維持するためにクラウドを利用するプレッシャーを感じるにつれて、この傾向はさらに加速する可能性があります。

クラウド テクノロジーを活用する企業は、最大限の生産性を保証する方法でクラウド テクノロジーを活用する必要があります。 詳細については、読み続けてください。

企業はクラウド テクノロジーを使用してどのように生産性を最大化できますか?

成功しているビジネスは、職場での生産性の重要性を理解しています。 生産的な職場は、会社の利益を増やし、ビジネス関係を強化します。 それは卓越した顧客サービスに直結し、顧客のロイヤルティを維持する上で重要な役割を果たします。 会社が繁栄するのは、サービスに満足し、喜んで他の人にビジネスを勧めるクライアントの継続的なサポートがあるからです。 さらに、同社の従業員は、経営陣からの動機があるため、優れた仕事を提供しています。 したがって、彼らは職場環境で繁栄します。

幸いなことに、クラウドは企業の生産性を大幅に向上させるのに役立ちます。 ある調査によると、クラウド テクノロジを使用しているビジネス プロフェッショナルの 79% が、生産性が向上したと報告しています。

クラウド コンピューティングによってもたらされる生産性の向上は、会社に目に見えるメリットをもたらします。 一般的に、生産性を高めるビジネスは目標を達成します。 したがって、従業員は昇給やボーナスなどのより多くのインセンティブを期待できるため、会社の利益のために優れた仕事を生み出すことがさらに促進されます。 そのため、職場での生産性はあらゆるビジネスの成功に不可欠な要素であり、その重要性を認識しているビジネス オーナーは、選択した業界での競争が激しくても成功します。

もちろん、適切な従業員が会社で働くことは、生産的なビジネスを運営するための鍵です。 ただし、会社の特定のニーズに最も適した人材を見つけるには、多くの時間と労力がかかる場合があります。

適切なツールを持っていない場合、適切な従業員を見つけるメリットも最小限になります。 したがって、適切なクラウド リソースを用意し、それらを利用して従業員の生産性を維持する方法を知ることが不可欠です。

新しい人材を採用することを決定した後、効果的な従業員のオンボーディング プロセスは、新入社員が会社とその特定の責任についてより深く理解するのに役立ちます。これにより、彼らはすぐに溶け込み、割り当てられたタスクを達成することに自信を持つことができます。

以下は、職場の生産性を向上させるための戦略です。

オフィス ワーカーに最新のオフィス機器とクラウド ソリューションを提供する

会社が設立されたか設立されたかに関係なく、従業員の生産性は、利用可能な機器の種類に大きく依存します。 従業員が最新の機器で作業すると、生産性が向上し、作業が迅速に完了し、ビジネスがスムーズに進みます。 会社が従業員に高品質のツールを提供できなければ、従業員の効率は期待できません。 さらに、最新のテクノロジーを搭載することで、企業イメージが向上します。

従業員の生産性を可能な限り維持するために会社が使用できるクラウド ツールは多数あります。 Todoist、1Password、Xero、Google Drive は、クラウドで生産性を高めようとしている企業にとって最も重要なクラウド リソースです。

ただし、クラウド テクノロジーに過度に投資しないことが重要です。 一部のツールは学習曲線が長く、頻繁に使用しない場合はリソースを使いたくないことがわかります。 適切な ROI を得るために十分な頻度で使用する予定のクラウド ツールに投資するようにしてください。

不要な会議を最小限に抑える…クラウド上でも

ほとんどの場合、従業員は不要な会議のために生産的なタスクを実行する時間が少なくなります。 これらの会議のほとんどは、重要な責任を果たすために使用できるはずの貴重な時間を多く費やしています。 そのため、会議は最小限に抑え、従業員が知っておくべき事業計画と助言のみに焦点を当てます。 会議はチームワークを構築し、従業員と管理者の間でオープンなコミュニケーション ラインを維持するために不可欠ですが、従業員が仕事を完了できるようにすることで生産性を向上させることも同様に必要です。

一部の企業は、会議を直接使用する代わりに、クラウドを使用して会議をホストすることに頼っています。 問題は、セットアップが簡単なため、必要な頻度で会議を開催したくなる可能性があることです。 ただし、クラウドベースの会議をホストするのに費やされる時間は、依然として無駄な時間です。

マイクロマネジメントを避ける

クラウドを使用すると、従業員の行動を簡単に把握できます。 多くのクラウドベースのプロジェクト管理ツールは、雇用主がチーム メンバーの作業を監視するのに役立ちます。 従業員のパフォーマンスを監視するために使用されるクラウド ツールには多くの利点がありますが、関係のない詳細に注意を払いすぎるリスクもあります。

従業員が最高のパフォーマンスを発揮し、特定のタスクを達成できるようにしたいのは当然です。 それはあなたのビジネスであり、あなたは職場ですべてを把握したいと考えています。 ただし、細かい管理は従業員の生産性に影響を与え、仕事を成し遂げるのに十分な能力がないと感じさせる可能性があります. 従業員を雇うとき、あなたは彼らがあなたが雇った仕事の能力があることを知っています。 割り当てられたタスクについて質問された場合に、支援を提供しない理由はありません。 ただし、常に従業員の後ろにいて、物事が正しく行われているかどうかを確認していると、従業員がストレスを感じる可能性があります。

クラウド テクノロジーを使用して生産性を向上させる

職場の生産性を維持することは、ビジネスの繁栄を維持する確実な方法です。 クラウドと AI テクノロジーは、生産性を大幅に向上させるのに役立ちます。 ただし、有効に活用することが重要です。